薬剤師しか販売できない第一類医薬品の特権

第一類医薬品は薬剤師しか販売できない薬

これから薬剤師になる方はぜひ知っておいた方がいい事を少しお話します。

みなさんが普段目にする薬のパッケージに注目してください。

医薬部外品以外は必ず、第○類医薬品という表示が付いているはずです。

これは薬を副作用のリスクによって分類していて、第一類医薬品から第三類医薬品まで分けられています。第一類医薬品が一番リスクが高い医薬品です。

なぜこのような事をしたのでしょう?

これは薬をより安全に使ってもらうためなのです。

第一類医薬品は薬剤師の資格がなければ販売することができません。

もし、薬剤師以外の人が販売すると営業停止になるなど、法律で厳しく罰せられます。

薬剤師がいない時間帯は「販売できません」等、売り場に表示しているのをみたことがあるかもしれませんね。

第一類医薬品以外のものは薬剤師と登録販売者両方が販売できます。

第一類医薬品は副作用のリスクも高い分、治療効果が第二類や第三類の医薬品とは比べ物にならないくらい高いので、忙しくて病院に行けないお客様や、病院に行くまでひどくはないけれどなかなか治らない等の悩みを持つお客様に非常に人気があります。

ここで重要なのは、第一類医薬品は薬剤師しか販売できないということです。

このように医薬品をリスクによって分類しはじめてから、ドラッグストアで働く薬剤師は大忙しです。休憩中でご飯を食べていても呼ばれたら出ていかなければなりません。

基本的には文書を使った説明をし、レジも薬剤師が打ちます。

今ではどのドラッグストアも薬剤師不足で困っています。

第一類医薬品で有名なものとして、胃腸薬のガスター10、育毛剤のリアップ、筋肉痛の時などに使うボルタレン、最近発売されてよく売れている痛み止めのロキソニン等があります。

これらの医薬品は今までは処方箋がないと買えなかったものが第一類医薬品として市販薬になったものが多く、実はお客様からのリクエストが非常に多いのです。

さらに値段の高いものが多く、かなりの利益があります。

こうした事情があるので、今やドラッグストアはどこも薬剤師を募集している状況です。

これは薬剤師がいかに世の中に必要とされているかを意味しています。

薬剤師を目指す人が学生時代にしておきたいことに続く